トップページ

    このサイトではアメ車の査定相場を知って高く売るためにおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「アメ車の査定相場を調べて高額で買取をしてくれる車買取店に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているオススメの一括査定サイトで検索してみてください。

    アメ車を高額買取してもらうために外せないのが「複数の車買取会社に査定をしてもらって、あなたが乗っているアメ車の査定相場を知る」ということです。1社の車買取店だけとか家の近くにあるディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら、査定相場が分からないまま言い値で売ってしまう可能性があるのでどう考えても損をします。

    中古車一括査定サイトなら2分位で入力できるので簡単に査定相場をチェックすることができます。何社かの車買取業者からの査定額を比べられるので、アメ車の査定相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心感も抜群です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社へアメ車の査定依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    その上、全国対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからアメ車の査定相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているアメ車の査定相場が表示されるうえに、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、数年落ちのアメ車でも高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社からのみ!電話対応に追われることもありませんし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    アメ車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に自分が乗ってるアメ車の査定相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした提携業者だけが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。
    車買取業者から電話があった時は1社だけで即決せずに、複数の業者に査定を依頼することでアメ車の高価買取が可能になります。

    最大で10社がアメ車の見積もり査定をしてくれるので、最高額を提示してくれた買取業者にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10業者がアメ車の査定額を出してくれます。

    できるだけ多くの会社に査定依頼をすることで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、複数の買取業者に依頼をして長年大切にしてきたアメ車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、年間取扱台数は輸入車・外車のみで約1500台。全国に展開していて出張査定は無料です。

    外車王は外車を専門とした輸入車の買取専門業者なので、外車のアメリカ車であれば大手買取店より高額買取が実現する可能性が高いです。
    ですので、あなたが愛用してきたアメリカ車を高く売るなら最初にランキング上位の車買取の一括査定サービスを使って査定相場を比較してみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定をしてもらった後で、最後に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。査定相場よりも高い買取金額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたアメ車を売りましょう。







    大抵の中古車買取業者においては、査定にかかる時間はただ待っているだけの時間を除くとおおよそ15分弱でしょうか。

    それほど時間がかからないのは、その車種毎に今の時点でのオークションなどの相場をもとにしてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、基本査定額から車の各部位の状態や走行距離などを確認して、走行距離などに応じた減額、加算をしたらその車の最終的な価格を算出することができるからなのですね。

    たいていの場合、中古車販売店の大手では、多くのキャンペーンを常時開催していることでしょう。

    これらの多くは車売却の際に受け取れるのが一般的ですが、中にはただで査定するだけで貰えるものもあるのです。

    もっと具体的に述べると、インターネット上の特定のページから査定申し込みをするとポイントがたまるなどのケースがあります。

    無料査定だけを実施して買取自体は行わなくても構わないので、査定だけでポイントがもらえるキャンペーンを見付けたら自分も実施してみると、ポイントがたまって相場も分かって2倍お得ですね。

    普通は、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、日本自動車査定協会(JAAI)に車の査定をお願いしなければいけません。

    自動車査定協会の支店は国内に50ヶ所以上存在していて、無料で査定してくれるわけではありません。

    さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。

    どこに査定を頼んでも値段がつかないと言われてしまった時は、所有者が選ぶ道は2通りあります。

    残しておいてもしょうがないので廃車にするか、事故車、過走行車などを専門に扱う業者に買い取ってもらうかです。

    廃車買取専門店というのは、買取後に車を売るわけではなく、パーツ分けして修理屋に売却するなどして流通させるのがどちらかといえば本業です。

    手間はかかりますが独自の販路を持っているがために、他社が断ったような車もそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    そのほか、廃車にする手続きも代行してくれるので、迷ったらこうした業者を利用すると良いでしょう。

    マイカーを処分する際に真っ先に思い浮かぶのは、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい競争を促し、結果的に高値で売却することも可能です。

    ディーラーの下取りサービスを利用する場合は、価格競争の必要がないので競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり同じ店舗で売却も購入も済んでしまうというのは魅力的です。

    どちらを選ぶかは車の持ち主次第です。

    車を売却して業者から代金が支払われるのは、売却の契約を締結してから一週間ほどあとになります。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、実印がなかったり必要書類が不足していれば契約締結には至らず、ただ「約束した」だけになります。

    出来る限り最短で売却代金を手にしたいのであれば、売る決意が固まった段階で、査定を依頼する以前に先行して書類集めをしておくと手続きが早く済みます。

    軽自動車と普通自動車では提出書類が異なるので間違えないようにしましょう。

    転居で住所が変更になった人は要注意です。

    下取りではなく買取業者に車を売却する際は手続きが必要です。

    まずは一括査定サイトなどを使って実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから買取業者による現物査定が行われ、買取金額の提示となります。

    安いと思ったら断るか、もしくは交渉を経て引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、先方による書類上の手続き等を経て代金が支払われます。

    支払いは振込が一般的です。

    自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

    売却したい車が普通自動車ならば車検証以外に実印および印鑑証明書、自賠責保険証やリサイクル券、納税証明書を用意しなくてはなりません。

    仮に納税証明書をなくしてしまった場合には、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをする場所が違うのです。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、それ以外の軽自動車のケースでは役所の窓口で再発行してくれます。

    どのくらい残っているかにもよるのですが、「車検」によって中古車見積もりの価格が少々変動することがあるのです。

    勿論、車検が切れてしまっている車より残りがある方が高く評価して貰えます。

    でも、車検の残り期間が一年もないようだと査定価格アップをそれほど期待できません。

    そうはいっても、売却前に車検を通すことは無意味であると言って良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがその理由です。